Uno Hospital Video Player

Uno Hospital Video Gallery

お知らせ
 
  2017.10.16   インフルエンザワクチンの接種を開始しました。
  2017.09.11   平成29年10月〜平成30年1月/休日当番日のお知らせ。 
  2017.06.11   平成29年度胃がん健診を行っています。
  2017.06.17   ボランティアを募集しています。
  2017.04.01   平成29年4月1日より外来診療表が変更になりました。
 

 

健康・医療情報

安全な開腹手術を支える開創器

開創器(米国 インテグラ・ライフサイエンシズ社製)とは、手術部位周辺の皮膚や臓器を広げておくために使用します。開創器を使用することにより、しっかりと切開部分を開いておくことができ、安全な手術を行えます。当院では様々なパーツを準備することで、各科手術に対応可能となっています。

Retractor01Retractor02


IN BODY(体成分分析装置)で筋肉量を計測


Inbody770
当院で導入しているInbody770は、体脂肪量、筋肉量、体水分量などの体の成分データを提供する医療機器です。

計測することで分かること
肥満症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の診断、予防、食事指導、運動療法などに活用できます。また定期的に検査をすることにより、経時的変化をも追跡できます。


測定項目
・タンパク質量
・ミネラル量
・体水分量
・体脂肪量
・筋肉量
・BMI
・体脂肪率
     など

Inbody


若年層で増加している子宮頸がん。当院では超音波検査が可能です。


超音波検査とは
超音波の原理を使った検査法で、体内に超音波を送り、跳ね返ってくる反射波(エコー)をとらえることにより、情報を画像化します。経膣超音波では、指の太さほどのプローブを膣内に入れて行います。内診に対し、画像で卵巣や子宮の状態を確認できます。
当院では、SIEMENS社製「SONOVISTA FX premium edition」を使用しております。小型設計の経膣用プローブで検査を行い、検査の負担を軽減します。

超音波検査で分かること
超音波検査による、鮮明な画像により様々なことが検索できます。
子宮全体の大きさ、卵巣の状況、子宮筋腫や子宮内膜の状況、卵巣腫瘍の有無など。

VaginalEcho


血圧脈波検査で血管年齢を調べます


血圧脈波検査で分かること
血管の詰まり具合
 ・ABI(足関節/上腕血圧比):値が低いほど、足の血管が詰まっている可能性が高くなります。その場合、心臓や脳などの臓器障害を併発するリスクも高くなります。
血管のしなやかさ・血管年齢
 ・baPWV(脳波伝播速度):値が高いほど、血管や臓器への負担が増すため、脳出血や脳梗塞、狭心症などの臓器障害を発症するリスクが高くなります。

検査時間はわずか5分
 ・当院ではフクダコーリン社製の血圧脈波検査装置を使用しています。
 ・両手、両足首の4ヶ所の血圧を同時に測定するだけでほとんど痛みはありません。

ArteriosclerosisTest


最新レーザー装置導入!尿管・腎結石治療、前立腺肥大手術がより安全で確実なものに


最新のヤグレーザーを用いることでのメリット

尿管・腎結石の手術の場合
・痛みの発作をなくす目的で身体を切ることなく行える手術。
・結石を内視鏡で確認しながら手術を行うため、確実性が高い。
・結石の硬さに関係なく、治療効果を期待できる。
・操作時間は30分~120分程度。通常は術後2日目の朝に退院できます。

前立腺肥大症の手術の場合
・内腺を傷つけず出血自体を少なくすることが可能となった。
・操作時間は30分~40分程度。入院期間は7日程度です。
LaserEquipment2


~シーメンス社製MRI MAGNETOM Amira~を利用しています


1.5T(テスラ)超伝導MRI稼働!!
~シーメンス社製 MAGNETOM Amira~ 2016年4月に稼働開始
2015年発表の中部・北陸地区第一号機となる最新型の装置で 多くの最新技術が搭載されております
〇 静穏技術
〇 動き補正
〇 高画質
〇 短時間撮影 等々
簡単に表現すると 上記の様になってしまいますが
今までの1.5T MRIの常識を覆す最新技術が集結されている装置です
今までMRI検査が苦手だった方も”ボア”(真ん中の穴)の奥行も短く設計されていますし 中が暗くならないLED照明や 暑苦しくないように送風機も完備しております

当院では通常20分程度で高画質な画像検査を可能としています
MAGNETOM Amira

80列マルチスライスCT装置を利用しています!!


最新技術を搭載した80列マルチスライスCT装置が稼働。 2015年3月に稼働開始
当院が導入した装置の特徴として、まず撮影時間が大幅に短縮されたことがあげられます。さらに、撮影中に患者さまが入る空間が広くなったことで楽な体制で検査を受けていただくことができ患者さまへの身体的な負担が軽減されます。
また、以前のCT装置と比べてより精密な画像が得られることや撮影中の動きによるブレが抑えられることで、今までは見えづらかった病変もより鮮明に写し出せるようになり診断能力の向上につながると考えられます。
さらに、X線被曝の面においてこの装置には被曝低減のためのソフトが組み込まれており、安心して検査を受けていただけるようになりました。
その他にも、今まではできなかった心臓領域の撮影など、検査の可能性も広がりました。 
80ctms3
   健康・医療情報一覧

 

採用情報
   採用関連コンテンツ一覧
   1.ドクター募集
   2.薬剤師募集
   3.看護師募集
   4.介護職員募集
   5.臨床検査技師募集
   6.メディカルスタッフ・事務職募集
   7.待遇諸制度
   8.職員の声